top of page

TOMODACHI SUMMIT

Minna no Global Classroom welcomes you to join ともだちSummit .

We will have several exchange meetings for all participants before and after the competition, virtually/in person. You will make friends of your age. This competition is hybrid, both online and in person, and in Japanese and English. Join us, young leaders!

White Structure

2024Tomodachi summit

ともだちsummit2024外務省から後援をうけているイベント詳細ができましたのでお知らせします。

時:6月16日(日)10時から12時

場所:広島市内(未定)

内容と参加費:5000円 (5回の交流会すべて含む)

募集締め切り:3月24日(2月内に申し込みいただけると3000円となります)

  • 3月24日 オリエンテーション

  • 4月21日 第1回交流勉強会 キックオフミーティング

  • 5月19日 第2回交流勉強会

  • 6月16日 ともだちsummit

これらに加えてセミナーを開催します 参加者の方は無料

  • 3月3日  プレゼンテーション作成におけるAIの使用について 台湾/America AI エンジニア(日英)

  • 4月7日  生きる場を自分で作っていく アメリカで活躍中のアラバマ大日本人研究者(博士)(日英)

  • 5月4日 ベーシックだけどプロに見えるプレゼンテーション アメリカ大学ソフトウェア開発者 (英語)

プレゼンテーションテーマは昨年同様自由です。

3-5分でプレゼンテーションできるようにまとめてください。

作品提出:5月31日(cool.kids.jpx@gmail.comまで)

参加費:5000円 

募集締め切り:3月24日(2月内に申し込みいただけると3000円となります)

皆様のご参加をお待ちしています!

White Structure

Presentation Contest Details

 

Date and Time: Sunday, June 16, 10:00 a.m. (Japan) Sunday, June 15, 8:00 p.m. (U.S. CST time)

Location: Virtual Meeting (connected via Zoom from Hiroshima and Kurashiki venues)  

About Presentations

  1.  Theme is free choice Contestants must use their second language both for preparing materials and for the language in which they speak

  2.  Presentation time is 3-5 minutes. (Points are deducted for exceeding the time limit)

  3. Contestants are required to submit their manuscripts by May 31st. 

  4.  Judging: Judges evaluate the best of the contestants. Tomodachi Prize to be decided by a vote of all participants.

Judges evaluate: Presentation, Structure,Language

 Fee:$50 (The registration fee is $30 if you register by February2024)

The Tomodachi Summit registration fee includes three pre-event exchange meetings where participants can meet and prepare their presentations together. These meetings will take place from March to May. The fee is $50, but if you register by February 2024, the registration fee is discounted to $30

Invite participants to additional  seminars held by experts 

Topics are  Using AI in preparation for making a presentation. benefits to learn a foreign language learning, how to make a good presentation

 

Eligibility:Children to adult English/Japanese language learners  All ages are welcome!

​参加者の声

I really enjoyed meeting the Japanese students, I wish we had more time

USA participants

ずっとたのしかった!

​日本参加者

I enjoyed it. I loved it! I only wished it was longer!

USA participants

なかなかできない外国の方との交流はとても楽しかったです。いろいろなトピックのお話ができて嬉しかったです。

​日本参加者

What is the Tomodachi Summit?

1

A hybrid event with both virtual and in-person participation.

ヴァーチャルとIn personのハイブリッド開催

2

In presentations conducted in English and Japanese, it is preferable to prioritize content that excites and engages friends, rather than focusing solely on fluency.

英語、日本語の学習言語でのプレゼンテーションの発表 流暢さよりもよりエンターティント性が高い、つまりともだちを興奮させる内容のプレゼンテーションが好ましい

3

The judges are selected from prominent individuals, both domestically and internationally.

審査員は国内外から著名な方々をお招きします

426720573_785932030017851_3784827537368479606_n.png

4

We will collect participation fees from the attendees. 参加者から参加料をいただくことで参加への責任感を与えます(参加料は学習会を含んでいます)

5

Participation in all online events, including the competition day, is mandatory. It is not possible to participate in the competition only without attending study sessions and other meeting.ともだちサミットはプロジェクト学習効果を最大限に引き出すため大会だけの一回きりの参加はみとめません。コンペティション+交流会への参加をすべて含めたものを大会とします

6

We have levels for learning languages, including beginner and advanced. However, we gladly welcome anyone who brings a compelling message that resonates with the audience and enthusiasm for their work, regardless of their language proficiency, or their ability to deliver speeches.学習言語のレベルは初級、上級とありますが、作品への熱量やスピーチではなく観客に訴えかけるメッセージを持っていれば私たちは喜んであなたを迎え入れます

2023年度
ともだちサミットを振り返って

【大会開催の目的】 

 どのレベルの学習者もモチベーションを維持し主体的な学習ができること。コミュニケーション力やプレゼンテーション力を育てる場としてプレゼンテーション大会を企画しました。スライドを使用することで、学習レベルの差を縮めることが可能になり、原稿を暗記し、正確さや流暢さが重視される従来のスピーチコンテストではなく、実社会で生きるコミュニケーション力やプレゼンテーション力を磨く発表の場、参加者が主役のコンテストができると考えました。


 

 単発の大会ではその場だけの出会いで、参加者間の会話も表面的になりがちで、持続可能なつながりや発展も生まれません。また緊張やプレッシャーに弱いためにコンテストに参加しない学習者は数え切れません。そこで、話す経験を重ねる、顔を合わせる回数を増やす回数を増やしました。会前後のオンライン交流会を複数回、最大5回参加できるよう設定しました。大会準備のために共に学び合う中で、緊張もほぐれ、参加者間にはクラスメイトのような関係が構築されました。学習意欲も高まり、相互理解や友情も芽生え、参加者は個性あふれるプレゼンテーションを披露し、達成感を味わいました。

Videos

bottom of page